インターンシップ情報 新卒採用情報 エントリー
ON/OFF

同期に誘われて釣りを始めて5年。
海釣りで釣った魚をさばくのも得意です。

総合職

売れ方を分析し「売り方」を企画
杏林堂薬局の顔として取り組みを発信

小笠原 悠馬 Yuma Ogasawara
2013年度入社
マーケティング部 販売促進企画室

工学部電気電子システム工学科卒。店舗にてマネージャー、副店長などを経て、現在はマーケティング部販売促進企画室に所属。チラシの作成をメインに、ID-POSを活用した売れ筋分析、会社全体の販売促進の企画・運営に携わるほか、テレビ・新聞などのマスメディアの窓口として取材対応も手掛ける。

社員のイメージ01
社員のイメージ02
社員のイメージ03
社員のイメージ01
社員のイメージ02
社員のイメージ03
社員のイメージ01

現在の仕事内容を教えてください。

静岡県内90店舗ごとの売り上げ特徴や商品の売行きなどをデータ分析し、新聞の折り込みチラシを作成するほか、販売促進の企画を立てています。マスコミ対応窓口として新聞やテレビ局の取材に応じたり、店内の撮影に立ちあったりすることもあります。SNSの投稿も担当しています。

仕事の上で心掛けていることは何ですか?

テレビや新聞、SNSなどに目を通し、積極的に幅広い知識を吸収するようにしています。医薬品はもちろん、酒類、化粧品、食品など、季節によっても地域によっても売れ方が違います。節分やお彼岸には小豆が売れる、5~6月には梅酒や梅干しに関するもの、といった風物詩の知識も不可欠。こういった知識は一朝一夕で身に付くわけではないので、ドラッグストアには関係ないと思われるものにも目を通す作業を、ルーティンとして日常に組み込むよう心がけています。

社員のイメージ02

杏林堂薬局を選んだ理由は?

学生時代のアルバイトで接客業を経験し、人と関わる仕事がしたいと考えました。杏林堂薬局は子どもの頃から身近な存在で、よく利用していた楽しいお店というイメージがあり、そんなお店で働きたいと思ったのも大きな理由です。店舗勤務の時も今も、幅広く人と関われるのが魅力です。

特に努力したことは何ですか?

マーケティング部に配属して1年間、他店や競合店のチラシを見比べるよう言われました。ドラッグストア、スーパーや百貨店、ホームセンター、レストランなどあらゆるチラシを比べ、自社との違いや強み、傾向、ポイントの使い方や曜日の特徴などを読み解きました。これは今も続けています。

社員のイメージ03

これからの目標は?

管理職を目指しています。入社時から会社の運営に関わりたいと思っていました。杏林堂薬局は地域とのつながりも深く、CSR活動やSDGsに基づいた取組も活発なので、そうした姿勢を包括的に理解し、チラシの作成、分析、取材対応などに活かして伝えられる人材になりたいです。

学生の皆さんへ

学生の皆さんへ Message

高いものでなくてもいいので、「自分で」買い物をしたり、いろんなサービスを受けたり、それを楽しんでやってみてください。今の「一消費者」としての経験は、杏林堂薬局に関わらず社会人になってから、仕事の目的を見つける時などに役立つ大切なもの。今のうちに、楽しく、いろんな経験を重ねてほしいですね。杏林堂薬局は「人」を大事にする会社です。一緒に働けることを楽しみにしています。就職活動がんばってください!

先輩社員インタビューTOP

教育制度/福利厚生

一人一人の目標と成長をサポートする杏林堂薬局の教育制度。オンとオフの両立に欠かせない福利厚生も整っています。

Read more

採用に関するお問い合わせ

杏林堂薬局の採用に関するお問い合わせを承っています。働き方や職種、詳しい仕事内容について、ご質問をお寄せください。

Read more